スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー リフティング&ジンガバイブル

2009年05月15日 19:12

サッカーリフティング&ジンガバイブル

土屋健二さんの「サッカー リフティング&ジンガバイブル」

長男が小学校1年生の時に、
なんとなく付録のDVD映像を見せてあげようと買った本です。

もちろん、当時まだまだチビたちに出来るとは思いませんでしたが、
リフティング(ジャグリング)やフェイントのイメージが付けば・・・・と。
父ちゃんの思惑どおり影響を受けていましたね。
ボールコントロールの大切さも分かってくれたと思います。

あの変な動き(?)のリフティングにも驚いていましたが、
なによりも「ジンガ」と呼ぶボールタッチが息子たちに印象的だったようです。
ボールを細かくタッチして動かし続けて・・・
まさにボールが足に吸い付いているような動き?!
確かに、インパクトはありました。

特に、長男にはお気に入りの動きだったようで、
スクールやチーム練習中にひたすら「ぐりぐり」やってました(笑)

当時、1年生であんなふうにボールを動かす子はいなかったもので・・・・






足元に止めた長男のボールを奪おうと飛び込んでくる子供たちを、
ダンスをするようなステップで「ぐりっ」とボールを動かしながら
交わしまくる様子は・・・・・・・親ばか父ちゃん的には痛快でした(^^;

その時は「交わす」ことだけに喜びを感じていたようで、
交わした後も突破をしないで、もう一度相手が来るのを待っていました?!
おいおい、何のために交わしたの???????
本末転倒ですが、まだ1年生だからいっか・・・・・・なんて思っていましが・・・

4年生になった今でも、その「癖」が抜けなくて参ります・・・・(^^;
もちろん、当時とは違ってゴールは目指すものの、
試合中に2~3人に囲まれて「勝負」しているシーンが多いような?

それで、完全に抜き去れれば「相手を引き付けたプレー」なのでしょうが、
相手も強くなっているので、獲られることもしばしば・・・・・・・

チームのコーチは特に何も言いませんが、
見ている親は「冷や冷や」です。

そろそろ高学年サッカーに脱皮する時期。
そこから目の覚めるようなパスでも出せればいいのでしょうが・・・・・・
いつかそんな日が来るのでしょうか?????

本人は、「オレってキープ得意だし~」と勘違い中です?






スポンサーサイト


コメント

  1. アンチャン | URL | -

    この本は、僕も持っていてジンガ練習してます。
    楽しいですよ。

    コーチも何も言わないのがいいですね。
    大体は、持ちすぎだと怒られてしまい、ドリブルをする子がいなくなってしまいます。

    でも、そういう心配はないと思います。
    是非、がんばってほしいです。

  2. 獅子丸! | URL | gfvL1VP2

    アンチャンさん、こんにちは。

    長男もボールを動かして相手を振り回すのが快感のようです(^^;
    今のところ(?)、コーチは持ち過ぎ云々とは言わないので助かってます。
    「ボールを獲られたら獲り返せ」とは言われますが。
    この先もっとシンプルにプレーしないと通用しなくなってくるでしょうが、
    キープするという引き出しを持つのもいいかな・・・・と。
    要はバランスなのでしょうか?

    ・・・・ただ、試合の応援に来たチームメイトのお父さんが、長男がボールキープを始めると、
    「早目に出して~!」などと『コーチング』するのには閉口します(^^;
    彼にとっては縦に早く相手ゴール前に運んで欲しいのでしょう・・・・気持ちはわかりますが。
    子供自身のプレー判断が大切だろうし、それぞれの個性もあっていいと思うんですけどね。
    何よりコーチが何も言ってないのですから。
    まあ、長男本人は聞こえてないからいいですが・・・(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shishimarublog.blog47.fc2.com/tb.php/13-bed9c7f8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。